認知症対策をお考えの皆様へ


認知症になってしまうと、夫婦であろうと、
お子さんであろうと

お金を引き出すことができない
介護用品に充てるために、自宅を貸したり売ることができない
収益・賃貸物件の管理ができない

という問題が発生してしまうことをご存知ですか?

民事信託とは、遺言ではできない孫の世代までの資産の承継や、成年後見制度ではできなかった柔軟な財産の管理ができるようになり、高齢者の様々な悩みの解決に役立ち、老後の安心な生活をサポートするしくみです。

お手続きの流れ

制度のご説明。
メリット・デメリットもお伝え致します。

お客様のご要望をお聞きして、具体的なプランのご提案を致します。

信託契約の草案を作成し、契約の内容について
ご説明致します。

 

 

後々、思いもよらぬ争族とならないように、ご家族の皆様が納得の上、円満に手続きを進められるように家族会議を開きます。

 

公証役場との交渉、信託口口座(しんたくぐちこうざ)開設のサポート、不動産の信託の名義変更を致します。

 

サービス内容・特徴

・契約書の作成からご家族との調整、公証役場手続対応、登記名義変更、信託口口座(しんたくぐちこうざ)開設等の一連の手続きをワンストップでお任せいただけます。

・当事務所では、定期的に研修を受けている民事信託士が、将来不具合が生じないようにお客様それぞれのご事情、ご要望に合った契約書を作成致します。

・契約書を作成後もパートナーとして末永くサポート致します。お困りごとがないか、ご家族の状況に変化がないか等、半年に1度、訪問又は、お電話で伺いサポート致します。(2年間は無料。)

・成年後見を多数受託している司法書士だからこそ、成年後見制度を利用した場合には成し得ない、ご本人のご希望を叶える新しい資産の管理、承継のやり方、生前対策をご提案致します。

お客様の声

・平日時間が取れないのですが、面倒で煩わしい手続きをすべてお任せ出来て進捗もこまめにご報告くださり、安心してお願いできました。(C.T 50代女性)

・話しやすく話をじっくり聞いて下さり、こんな事を聞いてもよいのかなという事までわかりやすく丁寧に答えてくださり、又、何かあればお願いしたいと思います。(K.H.60代女性)

・今まで興味があるものの踏み切れなかった手続きを、野口先生が問題点を洗い出して整理して下さったことにより、前に進めて感謝しています。(S.S.50代男性)

野口昌子

民事信託士(民事信託士協会・民事信託推進センター会員)
公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート会員
リーガルサポート東京支部 任意後見契約検討委員
豊島区在住

人生100年時代と言われるようになり、相続発生後の遺言などの対策のみでは足りず、認知症や 脳卒中などで判断能力が低下した場合に備えておく重要性が増しました。

 こんなはずではなかった!こんな馬鹿な話があるのか!とならないよう、大切な資産であるご自身の不動産をしっかりと守り、老後の安心な生活の基盤としたり、大切なご家族、ご親族、パートナーへ引き継ぐ新しい時代に合った制度をお知らせしています。

「自分の人生は自分で決める。」を叶えるお手伝いを致します。話を聞いてみたいという方は、 初回のご相談は無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

 

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

03-6709-2186

 

豊島区池袋の司法書士

野口司法書士事務所

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-17
有楽町線東池袋駅直結豊島区役所南門徒歩2分/都電雑司が谷駅徒歩2分/池袋駅東口徒歩10分(東通り経由)
駐車場:隣にコインパーキングあり